代表者挨拶

HOME > 事業所紹介 > 代表者挨拶

お客様の栄えある未来(Future)に貢献します!!

小澄 健士郎 今、中小企業をとりまく環境は大変厳しい状況となっています。デフレの進行、少子高齢化による内需の縮小、先進国の中でも突出した財政赤字など、中小企業を支えるべき存在の国そのものが疲弊しております。

実際社会を見ましても、「増税の実施・減税措置の廃止」「社会保険料等の料率UP」など、景気は悪化しているのに、負担は増加してしまっているのが現状です。

では負担の増加に伴い、社会が安定し将来の安心が増しているのか?というと、そうとも言えない現状もあります。

そうなると、「自分の身は、自分で守るしかありません。」、、、、、、、、どうやって守ればいいのでしょう?

それは、「いかに社会のルールを把握し、そのルールを味方につけ、最適に活用できるのか?」にかかっていると思います。
私達は、お客様の身を守るために情報を駆使し、会計・法律というツールを武器に、全力で支えていきたいと思います。

もう少々 挨拶にお付き合いいただける場合は、こちら(続き)も見てもらえると嬉しいです(笑)

貴重なお時間を割いてしまい、恐縮です。

私は社会人になるにあたり、当初は税理士と言う職業を選択するつもりはありませんでした。
ただ、大学時代に応援部に所属していたせいか、「自分の頑張りによって人に喜んでもらうことが好き」
というものがあったため、自然と営業という職を選び、メーカーでお客様と日々接する毎日でした。
前職では、社会人として大切なことを沢山学ぶことが出来、とても良い経験をさせて頂いたと今でも感謝しています。

そんな中、税理士を目指すきっかけとなったのは、ある不動産セミナーへの参加でした。
当時の私はサラリーマンとはいえ、年金問題や不景気のニュースで、「将来は安泰ではない」という危機感があり、 金融資産のセミナーや、不動産投資セミナーなどに積極的に顔を出していました。
そのセミナーの一つで、講師の先生が「知る者と知らない者とではこれから大きな格差が生まれる」とおっしゃったのです。何気ない一言でしたが、私の心には大きく響きました。
その言葉は、私が様々なセミナーや勉強の場で、感じていたこと ”そのもの” だったんです!
勉強や、セミナー会場で「そうだったのかぁ、知らなかった。」と思うことは多々あります。
ということは、「知ることが出来て良かった=知らなかったら損してた!」ということだったんです。

自分は 知る者 になろう。そしてその知識で周りの人の少しでも役に立てれば、、、そんな思いが税理士を目指すきっかけになりました。

実際この点については、会計や、税法、その他の法律の勉強をしていたり、実務をしていて至る所で感じています。
格差社会と言われて久しい時代ですが、本当の意味での格差社会は、情報の格差社会であるといえるのではないでしょうか?

そういうことを考えてみて、現実を見てみると、、、、

サラリーマンをしていれば、将来安心か? ・・・・そんなことはありません。今は大企業でも平気でリストラが行われます。

じゃぁ、起業したほうが良いのか? ・・・・起業にはもちろんリスクが伴います。

じゃぁ、どうしたら良いのか?? ・・・・答えはわかりません。

ただ、自分のおかれた環境、自分の夢や、目的、その時々において最善と思う道を模索するしか解決策は無いように思います。
その選択の時において、少しでも失敗のリスクを減らし、成功の可能性を高めるためには 情報・知識・経験・知恵等が力になるはずです。

今の日本は、先進国の中で突出した財政赤字、急速に進む高齢化と、少子化、世界同時不況等で大変苦しんでいます。
昔と違い、何かがおきても国が守ってくれるという環境ではなくなっているといえるでしょう。

となると、 自分の身は自分で守る  しかない!

私たちは、少なくとも自分の周囲にいる人たちの一助になれるよう、日々精進し続けていきたいと思いますし、そのスタンスは、私たちがなぜ仕事をしているのか?の意味につながっております。

疑問点・不安点は何でも聞いてください!
目の前の課題に、共に考え、解決していければ、それが私たちの存在意義にもなるのです。

社会環境は厳しさを増す一方ではありますが、未来は決して暗くはありません。
” 知識 ”と、それを活用することができる” 知恵 ”さえあれば! です。
そういう気持ちで、日々の仕事に臨んでいます。ぜひ、皆様とご縁があることを心待ちにしております。

PS:長文失礼いたしました。 そしてご一読、誠にありがとうございました。

税理士 小澄 健士郎

代表者略歴

  • 東京都私立桐朋高等学校 卒業
  • 慶応義塾大学 環境情報学部 卒業
  • プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インク(現 P&Gジャパン株式会社)入社
  • 平成20年 法律・会計の知識で人の支えになれる人間になろうと一転、税理士を目指すことにし、6年間のサラリーマン生活にピリオド
  • 2年間の学生生活を経て、会計事務所勤務。
  • 平成23年 税理士試験合格(法人税法・相続税法・消費税法・簿記論・財務諸表論)
  • 平成24年3月税理士登録
  • 平成24年10月開業
保有資格
税理士・宅地建物取引主任者・管理業務主任者・貸金業務取扱主任者

まずはお気軽に無料相談へ

最新ニュース
お客様の声
合同会社 ペンタラボ
合同会社 ペンタラボ
代表の小澄様と地元の交流会でお会いしたことがきっかけです。 起業して1年になる頃...more
限定サービスパック

pagetop